■北陸新幹線開業後の時間短縮
新幹線による快適な移動と滞在可能時間の大幅な増加

北陸新幹線が整備されると、東京・富山間で約60分、東京・金沢間で約80分、東京・福井間で約40分短縮されます。

北陸と東京、大阪の所要時間(フル規格)


※現行の福井から東京への移動時間は東海道新幹線経由
※現行の長野から大阪への移動時間は中央線経由

北陸新幹線の開業により、滞在可能時間が大幅に増加します。

金沢発の東京での滞在可能時間は次のようになります。

飛行機利用:約8時間10分→
新幹線利用:約12時間30分
(滞在可能時間は、約4時間20分増加します。)
「整備新幹線評価論」中川大(京都大学)・波床正敏(大阪産業大学)著より


運行本数が多いことも、新幹線の便利さの一つです。

新幹線は、飛行機に比べ運行本数が多く、待ち時間も少なく、利便性が大幅に増加します。
雪の影響を受けにくく、冬季でも確実に、定時に目的地に到着することができます。
(北陸新幹線の金沢〜東京間は、定期便では平均45分毎に運行されているほか、さらに臨時便も運行されています。)


トップへ戻る